転職はじめました 履歴書&職務経歴書編

前回web応募にあっけなく不採用となった私。

その呆気なさに、あまりにも額然としてしまい、次は本気でと思いなおしました。

気になるもう一社は紙中心の自社制作。

今通勤している駅の一つ手前。

しかも駅前ビルで雨の日も濡れずに楽々通勤。

本社以外に支店や店舗が複数あるため、従業員は多数。

最低給与価格が、バイト代20日分と同じ。

ただ、いまメインとしているwebに関して一切書いておらず、応募に少し悩んでいました。

また、ここにきてバイト良いんじゃない?居心地いいんだし、主婦のバイトにしては中々良い条件だよね。などと気持ちは揺れたりしたものです。

そんな時に、相談したのが「ベネッセウィメンズパーク」です。

いつもは見るばかりなのですが、この時はワーキングマザースレッドに「居心地の良いバイトだけど正社員への転職を迷ってる」と悩み相談をしました。

そして全員が「正社員」になるべきと答えていただき、迷いは吹っ切れて、心から応募しよう!と改めて思いなおしました。

とりあえず、履歴書の下書きをと思いネットで色々と検索して見ると、履歴書の書き方というのを発見!

しかも転職用とか30~40代用とか、あるじゃないですか!

私の場合は経験ありのしごとへの転職です。

よく履歴書ので書く「スキルアップのため」とか「経験を活かして」というのはNGワードなんですね。

ありきたりだし、言いたいことがボヤけていて企業のハートを射抜くことはできません。

じゃあなんて書けばいいの?と思った時に役にたったのが採用される履歴書・職務経歴書はこう書くでした。

今回、履歴書のにおいて初めて書いたのが「退職理由」でした。

まずそこからスタートしました。

退職理由はなんで転職したいと思ったか、その原因はなんなのかと企業側がさぐる箇所でもあります。

だからここで書き方を誤ると、身勝手な考えで辞める人と受け取られてしまうかもしれません。

そして次に書いたのは1番大事な「志望動機」です。

応募した理由を書く場所ですが、ようは私はその企業で働きたいんですとアピールする場所でもあります。

退職理由も志望動機も正直似た理由でありますが、言いたい事が重ならない様に上手く書きわけます。

私は経験者としての転職なので、今の会社の悪口に当たらないように退職理由を書き、それを元に応募した企業で働きたいというアピールを志望動機に書きました。
正直に言って、我ながら立派な履歴書の完成です!

そして次は職務経歴書。
自分が今までどんな仕事をしてきたかをアピールする場所です。

私はどちらかというと、同じ仕事でもかなり幅広くやってきたタイプです。
今のwebや紙の制作の他に、アクセス解析、seoの内部施策、ディレクション、広報、ライティングなどなど。
一社一社丁寧にかつ簡潔に、そしてそれが売り上げにどれだけ貢献したのかをちょっと混ぜつつ書いて行きます。

そして職務経歴書の最後には自己PRを。
この中では、自分が応募企業に採用された場合こんな事をしたい、こんな事が出来るなどいくつか提案をしました。

採用担当者が、職務経歴書に目を通した時、私が提案する事が会社として必要であればきっと書類選考を通ると思ったからです。
もちろん今までの経験を活かしたい気持ちもあったので、やりたい事を明確にしておくのも大切な事だと思います。

そして最後にこの応募が本気だと見せるために、証明写真は機械のスピード写真ではなく、カメラのキタムラで撮影。
写真四枚にデーターまでついて1500円はお得です。

A4三つ折り対応の封筒に入れて、普通郵便で出しました。
速達はなんとNGなんだそうです。

色々と試行錯誤しましたが、全て本を参考に2日位かけて作成しました。
そのお陰で無事に面接へと進む事ができました。

連絡は履歴書をだして3日目の事でした。

面接編へと続きます。