子供の忘れ物を回収しました。

帰宅途中に、塾にいるはずの長男から電話がかかってきた。
電話なんて通塾始めてから初めてだったので、なにかあったのか!と思い、慌ててでると

来るバスの中に 筆箱と本忘れた。
お母さん、探してー。

とくに本は困るー。

って、困るのは筆箱の方でしょ!母は思いましたが、電話を切った後に営業所に電話しようと思ったのですが、実はこの路線、二つのバス会社で運行されている為、長男の乗ったバスがどっちの会社かをバス停で調べなくてはいけません。

徒歩3分のバス停で会社を調べ、その営業所に電話をすると、該当のバスはまだ運行中との事。
でも、運転手に確認する事は出来るという事で、折り返し電話をいただく事に。

10分後には、営業所の方からお電話をいただき、長男の忘れ物はあった事を確認できました。

次は受け取り方法。
運行終了後に営業所にいく、または運行中のバスとバス停で待ち合わせるかを選びます。

我が家から営業所までは、車で30分かかるうえ、バスが帰って来るのは21時過ぎというので、バス停で受け取る事にしました。

丁度、塾のお迎えを重なるので、駅で待ち合わせて無事に回収。

なぜか、上履き袋に入った筆箱と本が手元に戻ってきました。
どうでもいいけど、上履き袋に入れるってどうなのよ。

忘れ物をもってそのまま塾のお迎えへ。
車に乗り込むなり、無事にあった忘れ物に、喜ぶ長男でした。

ま、それは早めのクリスマスプレゼントって事でサンタが届けてくれたから、もう今年はなしだってよーと、かるくじょうだんを言って無事に終了しました。

しかし、地元のバスだから良いですが、今後学校先のバスとかだったら取りに行くの面倒だよな。

でも電車に忘れた方がもっと面倒なので、まだバスでよかったかも。