悔いのないように、やりきろう!

お正月の三が日が終わりました。

年末の紅白から箱根の駅伝までTVが殆どつく事がなかったお正月。

長男は過去問×四年分と冬季講習の復習、そして合不合格テストを中心に頑張りました。

第一志望の過去問結果も大分落ち着きを見せ、いい感じに仕上がってきました。

しかし、チャレンジ校となるとその壁は厚く、高く、かなりの苦戦です。

でも秋頃の様子に比べればずいぶんとできるようになったものです。

チャレンジ校に対しては、母も長男も避けてきました。
絶対に受かるはずがないと最初から諦めて視野にはいれていませんでした。

秋の塾面談の時。
チャレンジ校のかわりに、第一志望よりちょっとだけ下の学校にしようと思っていましたが、塾の先生との話の中で、厚く高い壁を目指した方が必然的に第一志望もついてくるという事から、初めてチャレンジ校を目指して見る事になったのです。

初めて過去問をやらせた時、丸つけしながらあまりにものできなさぶりに唖然としました。

でも何度も繰り返し、チャレンジ校が好きそうな算数をこなし、以前よりできてきた結果をみると、やはり最初から諦めてしまっていたのは間違いだったのかもと思いました。

これが秋ではなく、春から目指し夏休みも視野にいれていたらもう少し結果も違ったでしょう。

今、中学受験を予定している五年、四年生の方は、やはりダメもとでも高いレベルを目指して欲しいです。
それが必然的に結果として繋がると思いました。

我が家の本番まであと二週間弱。
結果はどうであれ、今できる事を一生懸命にやりぬきましょう!
そして私たち親は、前向き発言につとめ決してこんなんじゃ受からないわよ!なんて言わずに頑張りましょうね。

ちなみに、我が家は大晦日に親子喧嘩をし、湯島天神のお守りをつけた筆箱をなんども叩きつけたので、罰当たりめ!絶対に受からないぞ!と言い放ちましたが‥(笑)

でもそれは去年の話なので、あと少しは頑張って封印してみせます。

泣いても笑ってもあと少し。
必死に勉強している12才たちよ、努力は裏切らない。
さあ、志望校目指して悔いのないように、やりきろう!!
いま、やらなきゃいつやるんだ!

そのために私たち親たちは必死で応援していますよ。