久しぶりに叱ったら喧嘩に。それから。

久しぶりにうちの小学生と喧嘩をした。

逆ギレした小学生は、何を言っても

もういい
で?
だから?

ときたもんだ。

そういう時は、突っ込んで叱っても仕方ないので、しばらく放っておく。

小学生から離れる為に別室でバザー用のキャンディレイを作っていると、夫が小学生に話をしてるのが聞こえてきました。

何で怒られたのかとか、どう思うんだとか。

最終的には、お母さんにちゃんとあやまりなさいと言いはじめた。

夫のちゃんとっていうのは、「ごめんなさい」というだけでなく、
◯◯◯な理由で、今度から◯◯◯な風に気をつけます。だからごめんなさい。

みたいな感じで謝るって事なんですね。

でもすっかりイジけてる小学生は、

何て言っていいかわからない(T ^ T)

って言い始めたので

夫が‥そんな事ぐらい自分で考えられないのか?
考えられないのは、心から謝る気がないからだと言い始め

諭すはずが、説教へとかわりはじめたので
ストップさせました。

小学生はごめんなさいと謝り、
許してくれる?と聞いてきた。

昔の私なら、許す許さないと線引きをしたでしょう。

でも今は違います。
「お母さんは、あなたを許さないなんて一言も言ってないよ。
ごめんなさいして、お母さんが許してくれたら、今回の注意された事はもう守らなくてよくなるのかな?」と聞くと

小学生は即座に首を横に振ってくれました。

許す許さないじゃなくて、謝ったら次から気をつけるって事が大事なんだよ。

まあ、これですぐに直るとは思ってませんが、これを繰り返していくしかないんですよね。

ちなみに夫が言った、自分で考えろというのは、放棄してるのと同じ気がしてしまいます。
考えられないのは、そうやって教えなかった親のせいでもあり
考えられるように話を持っていけばよいと思うんだけど‥。

ちなみに今回の喧嘩の原因は
玄関に置かれた、ランドセルやらバスケの荷物やら、洗わないまま放置されてる絵の具や習字道具の片付けをしなかった件でした。
でも毎日、片付けなさいと言って一週間。
ちょっと雷を落としてしまいました。

まだまだ修行が足りないですが、最近参考にしています。
子ども1人1人子育ての仕方が違うと気づかせてくれました。
言葉がけや叱り方などを参考にしたら、手を焼いていた次男が可愛いと思えるようになり、親子関係がとても良好となりました。色んな子育て本読んできましたが、かなりのヒットです!