家庭児童相談室って知ってますか?

医療費控除受給券と一緒に同封されていた相談室の案内。  

必要ない時は目にも入らない案内だけど、必ずみんなが開封する受給券と同封してありまひた。

2年前の事件の時、私たち夫婦はここを利用した。

最初は予約のだけつもりだったのですが、泣きながら電話している私に、相談員の方はすぐに面談しましょうと、 急遽時間を空けてくれました。

あの時は誰にも相談できずに、ただ納得できない気持ちとそれでも納得できしなくちゃいけない気持ちとぐちゃぐちゃになって、私は仕事にも行けない状況でした。

そんな中で今後、息子をどうやって育てていいのか、自分たちの育て方の何がいけなかったのか、それが知りたくて藁をも掴む気持ちで訪れました。

淡々と話すオットの隣で号泣してる私。とりあえず話しが終わると、相談員さんは大変でしたね。と言ってくれました。

その一言にどれだけ救われたでしょうか。

もちろん私たちの至らなかった点を指摘し、今後のことも色々と話してくれました。

あの時、誰かに話すという行為がなければきっと、私の心も今とは違う思いでいたかもしれません。

そしてこの相談は、希望すれば匿名でもできます。私たちも当時の関係性やいろんな影響を考えて、匿名でお願いしました。

あの時のご対応はいまでも感謝しています。本当にありがとうごさいました。